+ spirit ether blog

PCでできることいろいろ(WEB,CG,ゲーム,ニュース,壁紙とか) リンク、トラックバック、コメントはご自由に
by clear_ether
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メインサイトその他
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
mesotherapy
from mesotherapy
cigarettes o..
from cigarettes on ..
aki kawamura..
from aki kawamura v..
price compar..
from price comparis..
ferrari dino
from ferrari dino
free rington..
from free ringtones..
club dice
from club dice
korean mp3 r..
from korean mp3 rin..
phone ringto..
from phone ringtone..
mp3 ring tones
from mp3 ring tones
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

安定環境とはなんぞや 7

さて,アプリケーションのインストールである.一連の「安定環境とはなんぞや」投稿は元々リカバリCDのための安定環境構築が目的である.そのため,手当たり次第にあれもこれもとインストールしては,リカバリCD化するメリットが薄れてしまう.安定性やパフォーマンスはもちろんのこと,大量のアプリケーションをインストールしてしまうと,リカバリCDの枚数が増大してしまう.リカバリCDはできるだけ枚数を少なく,理想は1枚に抑えるといいだろう.

つまり,インストールするものは必要最小限のアプリケーションに限定するのだが,優先的にインストールするものがある.ここまで一連の投稿を読んでいればわかると思うが,セキュリティ関連のものだ.

セキュリティ関連のアプリケーションは主に以下の通り.

1.アンチウィルスソフト
2.ファイヤーウォールソフト
3.スパイウェア・アドウェア対策ソフト


アンチウィルス,ファイヤーウォールに関しては,パッケージ販売されているものが多いため認知度は高いだろう.しかし,スパイウェア・アドウェアに関してはあまり知らない人が多いかもしれない.これらはある意味でウィルスよりタチが悪い.しかもアンチウィルスソフトでは駆除などが行えないものである.スパイウェア・アドウェアは「主に利用者に分からないようにシステム内の情報を送信する」プログラムのことを指す.詳しいことは解説サイトが多数存在するので検索してみるといいだろう.

具体的なアプリケーションの例を挙げよう(括弧内 A:アンチウィルス,F:ファイヤーウォール,S:スパイウェア・アドウェア対策)

Norton Internet Security(A,F,有料)
VirusBuster(A,F,有料)
BlackICE(A,F,有料)
Virus Scan(A,有料)
AVG Anti-Virus(A,無料)
AntiVir Personal Edition(A,無料)
Outpost Firewall FREE(F,無料)
Kerio Personal Firewall(F,無料)
ZoneAlarm(F,無料)
Spybot - Search & Destroy(S,無料)
Ad-aware(S,無料)


他にも多くのソフトウェアが存在する.数あるセキュリティソフトから自分に合ったものを探せば,より安定したシステム構築ができると思う.また,Firewall&Forestではセキュリティに関して詳しく解説している.非常に参考になるので一読しておくと良い.

ここまでくれば,残りは普段使用しているアプリケーションのインストールのみである.ブラウザ,メーラ,アーカイバ,開発環境,制作環境など順次インストールしていけばいい(アプリケーションの最新のアップデート,パッチも忘れずに).

私は商用アプリケーションはCドライブへ,フリーウェアやシェアウェアなどはDドライブへインストールするようにしている.商用アプリケーションはレジストリへの書き込みやシステムフォルダへのファイル追加などを行っているので,Windowsと同じドライブへインストールすることが望ましいと思う.その逆にフリーウェアやシェアウェアはレジストリへの書き込みなどをするものが少ない.また,これらのソフトウェアはインストーラなどが付属せず,直接ファイルの上書きなどでアップデートするものが多い.そのため,システムの安全性などを考慮してDドライブへとインストールしている.


使用環境が整ったら最後にレジストリの最適化を行う.regeditを用いて不要なエントリーを削除していくこともできるのだが,膨大な手間暇がかかるし危険でもあるのでやめた方がいい.そのため,オンラインソフトの力を借りるのが良いだろう(jv16 Power ToolsNTREGOPTなど).その後,レジストリのバックアップを取って終了である.

(とはいえ,私はレジストリの不要エントリーの削除などは基本的には行っていない.昔はレジストリの肥大化などによってシステムのパフォーマンスなどに影響があったのだが,最近ではPCの性能向上によって不要エントリーなどの有無が影響することはほとんど無くなっていると考えるからである.)


ここまでやれば十分だと思われるが細かな設定やカスタマイズを行えば,より安定した使い勝手の良い環境構築ができるだろう.これは人それぞれ,十人十色の設定方法になると思われるので,ここでは書かない.細かい設定やカスタマイズなどについてはいずれ別の機会に書こうと思う.


というわけで「安定環境とはなんぞや」おしまい.

でも,大きな問題が1つある.

安定した環境というのは結構長い間使い続けることができる.よほど変なことをしなければ少なくとも1年くらいはもつだろう.それだけ時間が経てば様々なアップデートやパッチが登場しているから,そうなってしまうとせっかく作ったリカバリCDの出番がなくなってしまう.

まぁ"備えあれば憂いなし"ということで(笑)
[PR]

by clear_ether | 2004-05-08 16:11 | コンピュータ
<< 安定環境とはなんぞや まとめ LineageII 正式サービス開始 >>