+ spirit ether blog

PCでできることいろいろ(WEB,CG,ゲーム,ニュース,壁紙とか) リンク、トラックバック、コメントはご自由に
by clear_ether
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
メインサイトその他
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
mesotherapy
from mesotherapy
cigarettes o..
from cigarettes on ..
aki kawamura..
from aki kawamura v..
price compar..
from price comparis..
ferrari dino
from ferrari dino
free rington..
from free ringtones..
club dice
from club dice
korean mp3 r..
from korean mp3 rin..
phone ringto..
from phone ringtone..
mp3 ring tones
from mp3 ring tones
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

i-RAM

a0012678_22485185.jpg

ギガバイト「i-RAM」ファーストインプレッション~読み込み速度133MB/secを確認

Windows9x世代では、かつてRAMディスクというものが標準で用意されていた。ちょっとだけ利用したことがあるが、HDDより遙かに高速で便利だった覚えがある(メインメモリを圧迫しすぎたので常用はしなかったが)。

現在のWindowsXPではRAMディスクの影も形もない。何らかのツールを使えば実現できたものの、一般的というにはほど遠い。というわけで、RAMディスクなんてもはや過去の遺物…かと思っていたのだが、ギガバイトからとんでもない製品が発表されて驚いた(笑)

発表以後、どんなものかと気になっていたのだが、良い感じのレポートが掲載されいたので読んでみる。…PCIバスに接続するが電源供給のみ、シリアルATAで接続しドライバのインストールも不要、PCの電源を落としても付属のバッテリーにより16時間弱データを保持することができる…ふむ、なるほど。

さすがにOSをここにインストールするのは躊躇われるが、ちょっとしたアプリくらいならインストールしちゃってもいいような気がする。i-RAMにインストールされたアプリは起動時間も短縮され、レスポンスも向上するようだ。

とはいえ、やはり個人的にはキャッシュ領域として用いるのが一番妥当に思える。ブラウザキャッシュとかPhotoshop CSのキャッシュ領域とか、もちろんOSの仮想ドライブなどなど。これだけでもHDDへのアクセスはかなり減らせる。アクセスが減るということはHDDのファイル断片化が減るというわけで安定性も向上し、もちろん高速化も図れる。

……すごいじゃないか!(笑)

しかしなぁ、i-RAMに数GBのメモリを乗せるくらいなら素直にメインメモリとして使って、ブラウザキャッシュやらページングメモリをゼロにしてもいいような気がしないでもない。というわけで、これの利便性が際だってくるのはデュアルコアCPU環境などで重いくてメモリ使用量の多いアプリを複数使うときに、それらのキャッシュ領域として利用するときじゃなかろうか。つまり、3Dとか高解像度の静止画とか動画など。


うーん、おもいっきりハイエンドの世界。
ミドルレンジ環境じゃ使いこなすのはもしかしたら難しいかもしれない。
[PR]

by clear_ether | 2005-08-19 22:49 | コンピュータ
<< End of the Cent... 空豆ウォークマン >>