+ spirit ether blog

PCでできることいろいろ(WEB,CG,ゲーム,ニュース,壁紙とか) リンク、トラックバック、コメントはご自由に
by clear_ether
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メインサイトその他
カテゴリ
お気に入りブログ
最新のトラックバック
mesotherapy
from mesotherapy
cigarettes o..
from cigarettes on ..
aki kawamura..
from aki kawamura v..
price compar..
from price comparis..
ferrari dino
from ferrari dino
free rington..
from free ringtones..
club dice
from club dice
korean mp3 r..
from korean mp3 rin..
phone ringto..
from phone ringtone..
mp3 ring tones
from mp3 ring tones
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

”デザイン”は見た目だけじゃない

LEADING EDGE DESIGN展 “MOVE”という催しが12月9日から11日まで、東京青山スパイラルガーデンで開催されていた。以前、VAIO type Uに搭載されて話題になったtagtypeのガレージキットやSuica自動改札機の実験機などが展示されていたらしい。

うーむ、事前に知っていれば行きたかったなぁ。残念。

中でも見たかったのはHallucigenia 01だ。8脚の足にそれぞれ車輪がついていて、かなり自由に動くことができる。斜面でも水平を保てるし、歩くことだって可能らしい。ぜひとも動いている姿を生で見てみたいのだが、いずれまた何かの機会に発表されるだろうから、それを待とうかねぇ。

残念なことにまだ実車化の目処はたっていないようだが、商業利用よりも火山とか災害現場などの極地利用や、軍事利用が先になるんじゃないかなーって気がする。こういった用途ならある程度高コストになっても問題ないだろうし。

……もしかして、このHallucigenia 01が攻殻でいうところの多脚戦車の元になったりするかなーなんて思ったり思わなかったり。

ちなみにHallucigenia(ハルキゲニア)っていうのは5億年ほど昔のカンブリア紀に生きていたバージェス動物群の一種(ハルキゲニアの他にはアノマロカリスとか有名だ)。この生物、発表当初は分類群不明の生物とされていたが、後ほど有爪動物の一種ということが分かり、最初に作成した復元図がなんと背中の棘と足が逆さまで描かれていた、というのは有名な話。


それにしても、こういう先端技術の研究開発というと機能ばかりが先行して無骨な姿形ばかりで、見た目はそれほど重要視されていないことが多い。逆にデザインが重要視されている場合では「じゃあそれはいったい何に使えるの?」といったものをよく見かける。こんな感じで、一般的には良くも悪くも研究開発の対象となる機能デザインは分けて考えられることが多いけど、きちんと双方を重要視したプロジェクトを抱える企業や研究機関などもある。LEADING EDGE DESIGNはその最たる例の1つだろうなぁ。

情報元:
「tagtype」の新たな闘い――L.E.D.展 “MOVE”
LEADING EDGE DESIGN
[PR]

by clear_ether | 2005-12-12 17:49 | サイエンス
<< クルマ型ミュージックプレーヤー??? なんとなく、羅列 >>